冷蔵倉庫業・通関業・一般貨物自動車運送事業・氷雪製造業(天然水の氷)・船舶代理店業

HOMEプライバシーポリシーサイトマップ
会社概要 工場一覧 工場見学 商品案内 ご注文 お知らせ 採用情報
     └ ご挨拶会社概要会社沿革方針

本田冷蔵株式会社の経営理念は、

  一, 顧客の満足
  二, 社員の幸福
  三, 会社の発展

を三位一体の精神で企業倫理を確立し、法令等の要求事項を遵守し、品質管理の向上を目指して、社会に貢献する為、全社員一丸となって努力しております。

当社の事業は氷雪製造業(太子工場)と冷凍冷蔵倉庫業(姫路工場)を核として、通関業、船舶代理店業、一般貨物自動車運送業等を営業致しております。

太子工場が位置する兵庫県揖保郡太子町糸井は、水に恵まれた地で、古来より播磨十名水の一つ「糸の井」として知られております。近隣には美酒として知名度の高い大吟醸龍力“米のささやき”が醸造されています。(創業者、本田龍馬の生家)

軟水で口当たりのよい水を用いて製造しました弊社の氷は、比類ない「おいしい氷」と自負致しております。洋酒・焼酎などお飲み物は勿論のこと、またお料理の引き立て役として、お客様にご満足いただける商品であると確信致しております。

また、姫路工場は兵庫県西部で最大規模を有する冷凍冷蔵倉庫であり、特定重要港湾の姫路港内に位置し、信頼ある管理体制のもとで冷凍運搬船・冷凍コンテナ・トラック貨物等、国際複合一貫輸送など確実に対応できる物流基地となっています。

更にお客様にご満足いただける商品・サービスを創造し提供し続ける企業でありたいと、切に願っております。

 

本田冷蔵株式会社
代表取締役社長 本田 明良

                
【 糸の井 】
※写真をクリックすると、糸の井の説明部分へ移動します。
 
 

会 社 名 本田冷蔵株式会社 (Honda Reizo Co.,Ltd.)
代 表 者

代表取締役社長 本田 明良

設 立 昭和29年3月8日(1954年)
資 本 金 4,500万円
所 在 地

【本   社】
〒671‐1226 兵庫県姫路市網干区高田355
【太子工場】
〒671‐1532 兵庫県揖保郡太子町糸井318
TEL. 079‐276‐1404 FAX. 079‐276‐1406
【姫路工場】
〒672‐8064 兵庫県姫路市飾磨区細江字浜万才1297
TEL. 079‐234‐6800 FAX. 079‐234‐6804

設 備
冷蔵能力 姫路工場 25,000d、 太子工場 5,000d
製造能力(日産) 太子工場
製氷
袋詰氷
プレート氷
カップ氷
コップ氷
113d
132,000袋
36,000袋
50,000個
300,000個
事業内容

冷蔵倉庫業 通関業 一般貨物自動車運送事業
氷雪製造業 船舶代理店業
上記に関する一切の業務

 

下のボタンより、PDF形式の会社概要がご覧になれます。
ファイルはPDF形式ですので、表示するにはAdobe Readerが必要です。
お持ちで無い方は、右のバナーより無償のAdobe Readerをダウンロードしてください。
 
 
昭和29年3月(1954年)

兵庫県姫路市網干区高田355に本田製氷冷蔵叶ン立。
創業者 本田龍馬の実家が清酒「龍力」醸造元であったので、
その酒造蔵を改造して本社工場を建設。(資本金300万円、製氷日産5トン、貯氷200トン)

昭和31年3月(1956年)

貯氷設備200トン増設し、400トンにする。

昭和33年3月(1958年)

製氷設備日産8トン増設し、13トンにする。貯氷設備200トン
増設し600トンにする。急速凍結設備5トン新設する。

昭和35年3月(1960年) 倉庫業の許可を受ける。
昭和43年4月(1968年)

資本金900万円に増資変更する。

昭和43年5月(1968年)

兵庫県揖保郡太子町糸井318に太子工場を建設する。
収容能力1,400トン。増設急速凍結設備13.5トン

昭和47年5月(1972年)

太子工場を増設する。
増設収容能力3,600トン。増設急速凍結設備20トン。

昭和51年2月(1976年) 本田冷蔵株式会社に社名変更すると共に資本金4,500万円に増資する。
昭和51年11月(1976年) 兵庫県姫路市飾磨区細江字浜万才1297に姫路工場を建設する。
収容能力10,000トン。急速冷凍設備50トン。
昭和52年8月(1977年) 姫路工場保税蔵置場の許可を受ける。
昭和53年5月(1978年) 姫路工場に急速凍結設備50トン増設。
太子工場に製氷設備日産55トン新設。
本社工場を合理化の為閉鎖解体する。
昭和53年6月(1978年) 姫路工場を増設する。増設収容能力15,000トン。
昭和55年4月(1980年) 千葉県船橋市浜町3‐1‐3に船橋工場を建設する。
収容能力17,000トン
昭和57年11月(1982年) 船橋工場を売却する。
昭和59年4月(1984年) 太子工場にカチ割り袋詰氷ライン設備新設。コンピュータースケール、
自動製袋包装機等新設。日産18,000袋(18トン)
昭和62年1月(1987年) 船舶代理店業を取得する。
平成元年11月(1989年) 自動車運送取扱事業の認可を受ける。
平成2年6月(1990年) 姫路工場が畜産物の輸入検査場所指定の許可を受ける。
平成2年7月(1990年) 通関業の許可を受ける。
平成5年6月(1993年) カチ割り袋詰氷ライン改良。全自動砕氷ライン、ダンボールオートケーサー等新設。
日産22,000袋(22トン)
平成12年4月(2000年) 品質(衛生)管理向上の為、製氷室・製造ライン・付帯設備等一式全面改良。
新型コンピュータースケール・自動給袋包装機等新規入れ替え。
全自動のプレートアイス製造ライン新設。日産12,000袋(24トン)
平成16年11月(2004年) 「トング付カップアイス」 特許登録
平成20年9月(2008年) 一般貨物自動車運送事業の許可を受ける。
平成20年12月(2008年) ISO9001:2000 認証取得 倉庫業務・氷雪製造業務・通関業務

平成21年12月(2009年)

ISO9001:2008 2008年版改訂 倉庫業務・氷雪製造業務・通関業務
平成23年11月(2011年) ISO9001:2008 認証取得 運送業務
平成23年11月(2011年) ISO14001:2005 認証取得 倉庫業務・氷雪製造業務・通関業務・運送業務
平成26年3月(2014年) 太子工場敷地内に食品安全マネジメントシステムを完備した最新鋭製氷工場を新設。
平成27年1月(2015年) FSSC22000 認証取得 氷雪製造業務

【認証登録範囲】
姫路工場 倉庫業・運送業・通関業
【認証登録範囲】
太子工場 氷雪の製造

当社は、深刻化する大気汚染、地球温暖化防止の施策を実行し、
お客様に喜んでいただける品質一番の商品をお届けできる事業所を目指すとともに、
商品の提供並びに保管業務を通じて事業活動から生ずる環境負荷を低減していきます。
[方針]
@ 法規制を遵守し、環境保全に努めます。
A 廃棄物の適正処理、リサイクルを推進します。
B 活動の推進にあたっては、「環境目的・環境目標」を設定し、定期的に見直しを実施します。
C 本方針を実施、維持するとともに全従業員にこれを周知します。
D 本方針は、広く社外に公表します。
平成23年4月1日
本田冷蔵株式会社
代表取締役 本田明良

当社は、食品安全マネジメントシステムを構築・遂行・維持し、更なる発展をしていきます。
また、法令・規制・お客様の要求を遵守して、安全が保障された美味しい氷を製造するとともに、
氷並びに水に関連する情報をお客様にスピーディに提供し最大限の信用と満足を得ることを追求し続けます。
[方針]
@ 利用価値の創造と提供を通じて、顧客の信頼と維持に務めること。
A 広く深く顧客の満足度増大を図り、成長を実現すること。
B 安全安心の品質確保に尽力し、期待にこたえること。
平成26年4月1日
本田冷蔵株式会社
代表取締役 本田明良